第29回:平成28年度(2017年) 問題19 介護の基本

利用者の生活の質(QOL)を高めるための介護福祉職のあり方として、最も適切なもの1つ選びなさい。

  1. 1
    ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)の維持・向上を最優先にする。
  2. 2
    どの利用者に対しても同じ方法で介護する。
  3. 3
    利用者の精神的側面は考慮しなくてもよい。
  4. 4
    終末期の介護では、利用者の私物は早めに処分する。
  5. 5
    利用者のニーズや生活環境を総合的にみて、介護の方針を検討する。
解答せずに答えと解説を見る

介護の基本
の問題一覧を閲覧中

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール