第29回:平成28年度(2017年) 問題20 介護の基本

Fさん(80歳、男性)は、パーキンソン病(Parkinson disease)である。不安定ではあるが、歩行ができる。振戦があり、長い時間座位を保つことが難しい。
Fさんに対する介護福祉職のリスクマネジメントとして、最も適切なもの1つ選びなさい。

  1. 1
    歩行を始めるときは、リズムをとれるように一声かける。
  2. 2
    移動はいつも車いすを使い、ベルトで体を固定する。
  3. 3
    お茶は湯飲みにたっぷり注いで出す。
  4. 4
    浴槽につかっている間は、浴室から離れる。
  5. 5
    いすから立ち上がるときは、顎を前に出して、体幹を伸展させる。
解答せずに答えと解説を見る

介護の基本
の問題一覧を閲覧中

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール