第33回:令和2年度(2021年) 問題104 こころとからだのしくみ

Gさん(83歳、女性)は、認知機能は正常で、日常生活は杖歩行(つえほこう)で自立し外出もしていた。最近、外出が減ったため理由を尋ねたところ、咳(せき)やくしゃみで尿が漏れることが多いため外出を控えていると言った。
Gさんの尿失禁として、適切なもの1つ選びなさい。

  1. 1
    機能性尿失禁
  2. 2
    腹圧性尿失禁
  3. 3
    溢流性尿失禁(いつりゅうせいにょうしっきん)
  4. 4
    反射性尿失禁
  5. 5
    切迫性尿失禁
解答せずに答えと解説を見る

第33回:令和2年度(2021年)
の問題一覧を閲覧中

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール