第30回:平成29年度(2018年) 問題1 人間の尊厳と自立

1960年代後半からアメリカで展開した自立生活運動に関する次の記述のうち、適切なもの1つ選びなさい。

  1. 1
    障害者自身の選択による自己決定の尊重を主張している。
  2. 2
    障害者の自立生活は、施設や病院で実現されるとしている。
  3. 3
    「ゆりかごから墓場まで」の実現に向けた制度設計を目指している。
  4. 4
    障害者が機能回復を図ることを「自立」としている。
  5. 5
    介護者を生活の主体者として捉えている。
解答せずに答えと解説を見る

人間の尊厳と自立
の問題一覧を閲覧中

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール