介護レクリエーション「後ろ向き玉入れ」アイキャッチ画像

介護レクリエーション「後ろ向き玉入れ」

箱に背を向け、見えない箱に向かってカラーボールを投げ入れるゲームです。うまく箱に入れるには、コントロールだけでなく、他の参加者やスタッフが、投げる方向や力加減などのアドバイスを送ることが大切。チーム一丸となって勝利を目指しましょう!

参加人数、所要時間、効果など

参加人数
2人以上何人でも
スタッフ数
2人~
所要時間
5分~
必要な動作
握る、投げる
身体面の効果
手指の運動 腕の運動 協調運動
精神面の効果
認知力の向上 達成感が得られる 他者との交流

用意するもの

カラーボール
介護レクリエーションの道具「カラーボール」のイラスト
2種類の色のものを各5個。チームごとに使う色を決める。
ダンボール箱
介護レクリエーションの道具「ダンボール箱」のイラスト
50✕50✕100cm程度のダンボール箱のふたを切り取ったもの。1チームにつき1個。
いす
2脚

ゲームの流れ

数字1の画像[介護レクリエーション]

参加者を同じ人数で2チームに分けます。各チームから1人ずつが出て、自分のチームカラーのボールを5個持ち、箱から1~1.5m離れて、後ろ向きに座ります。

介護レクリエーション「後ろ向き玉入れ」ゲームの流れのイラスト[1]

ゲームをより盛り上げるポイント①

後ろにボールを投げる動作は経験のない人が多いので、あらかじめ何度か練習してもらい、入りやすい位置に箱を置いてもいいでしょう。

数字2の画像[介護レクリエーション]

スタッフが「ヨーイドン!」の合図をしたら、参加者は「投げます」と声をかけて、周囲に注意をうながしてから、後ろ向きにボールを投げます。

介護レクリエーション「後ろ向き玉入れ」ゲームの流れのイラスト[2]

ゲームをより盛り上げるポイント②

同じチームの人やスタッフが、「もっと右!」「もう少し近く!」というようにアドバイスを送ることで、投げ手は、1投ごとに距離感や力加減を認知できるようになっていきます。

数字3の画像[介護レクリエーション]

すべてのボールを投げ終えたら終了の合図をし、箱に入ったボールの数を数えて、数の多いほうを勝ちとします。他の人も同様に対戦し、全員の対戦が終わった時点で、勝ち星の多いチームの勝ちとします。

皆で安全に楽しむためのポイント

参加者への気くばり

  • カラーボールの代わりにお手玉を使うと飛距離が伸びるため、力のない人や上手く投げられない人もゲームを楽しむことができます。

さらにひと工夫

  • 箱のまわりに新聞紙やレジャーシートを敷き、箱に入った場合は10点、新聞紙やレジャーシートにのった場合は5点、といったように得点を配分すると、点が取りやすくなります。

著者/三瓶あづさ

※本記事は『高齢者のためのかんたんレクリエーション』(日本文芸社/2012年6月21日発売)の内容より一部を抜粋・再編集して掲載しています

「玉入れ」レクリエーションのおすすめ記事

箱までの距離によって得点が変わる!

パクパク開閉する箱がユーモラス!

揺れる箱にボールを投げ入れよう!

微妙な力加減が勝利の決め手!

スリルたっぷり!

追加用

書籍紹介

高齢者のためのかんたんレクリエーション

高齢者のためのかんたんレクリエーション

出版社: 日本文芸社

三瓶あづさ(著)
介護施設ですぐにできる&利用者もスタッフも楽しめるレクリエーションを50種類ご紹介。使う素材は、新聞紙、カラーボール、風船など、身近にあるものばかりなので準備も楽々! レクネタ探しに役立つ1冊です。

Amazonで購入

  • 三瓶あづさ

    三瓶あづさ

    介護福祉士、ケアマネジャー。医療法人社団三喜会介護老人保健施設ライフプラザ新緑リハビリテーション部レクリエーショントレーナー。同医療法人社団鶴巻温泉病院にてレクリエーショントレーナーとして20年間勤務し、2007年4月より現職。レクリエーションの指導に携わり、利用者の余暇生活の自立支援を行っている。

    三瓶あづさのプロフィール

フォローして最新情報を受け取ろう

We介護

介護に関わるみなさんに役立つ楽しめる様々な情報を発信しています。
よろしければフォローをお願いします。

レクリエーションの記事一覧