第33回:令和2年度(2021年) 問題5 社会の理解

家族の変容に関する2015年(平成27年)以降の動向として、最も適切なもの1つ選びなさい。

  1. 1
    1世帯当たりの人数は、全国平均で3.5人を超えている。
  2. 2
    核家族の中で、「ひとり親と未婚の子」の世帯が増加している。
  3. 3
    50歳時の未婚割合は、男性よりも女性のほうが高い。
  4. 4
    65歳以上の人がいる世帯では、単独世帯が最も多い。
  5. 5
    結婚して20年以上の夫婦の離婚は、減少している。

(注)「50歳時の未婚割合」とは、45~49歳の未婚率と50~54歳の未婚率の平均であり、「生涯未婚率」とも呼ばれる。

解答せずに答えと解説を見る

第33回:令和2年度(2021年)
の問題一覧を閲覧中

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール