第33回:令和2年度(2021年) 問題10 社会の理解

介護保険制度の利用に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

  1. 1
    要介護認定は、介護保険被保険者証の交付の前に行う。
  2. 2
    要介護認定には、主治医の意見書は不要である。
  3. 3
    要介護認定の審査・判定は、市町村の委託を受けた医療機関が行う。
  4. 4
    居宅サービス計画の作成は、原則として要介護認定の後に行う。
  5. 5
    要介護者の施設サービス計画の作成は、地域包括支援センターが行う。
解答せずに答えと解説を見る

第33回:令和2年度(2021年)
の問題一覧を閲覧中

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール