第30回:平成29年度(2018年) 問題22 介護の基本

個人情報を使用するに当たり、本人や家族への説明と同意が不要となるケースとして、適切なもの1つ選びなさい。

  1. 1
    意識消失とけいれん発作を起こした利用者の個人情報を救急隊員に提供する場合
  2. 2
    指定介護事業者が、サービス担当者会議に利用者の個人情報を提供する場合
  3. 3
    行事で撮影した利用者の顔写真を、施設の広報誌に使用する場合
  4. 4
    転居先の施設の求めに応じて、利用者の個人情報を提供する場合
  5. 5
    実習生が、利用者の個人情報を閲覧する場合
解答せずに答えと解説を見る

介護の基本
の問題一覧を閲覧中

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール