第30回:平成29年度(2018年) 問題18 介護の基本

社会福祉士及び介護福祉士法に関する次の記述のうち、適切なもの1つ選びなさい。

  1. 1
    介護に従事している者は、介護福祉士を名乗ることができる。
  2. 2
    介護福祉士の業として、介護者に対する介護に関する指導が含まれる。
  3. 3
    成年被後見人や被保佐人は、介護福祉士となることができる。
  4. 4
    介護福祉士は信用失墜行為をした場合、罰則により1年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられる。
  5. 5
    介護福祉士国家試験に合格した日から、介護福祉士を名乗ることができる。
解答せずに答えと解説を見る

介護の基本
の問題一覧を閲覧中

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール

監修者のご紹介

  • 高野晃伸
    中部学院大学短期大学部社会福祉学科 准教授

    高野晃伸

    介護福祉士、介護支援専門員。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などで現場経験を積み、松本短期大学介護福祉学科非常勤助手、名古屋柳城短期大学専攻科非常勤講師を経て、現在は中部学院大学短期大学部社会福祉学科の准教授。

    ホームページ|中部学院大学プロフィールページ

    高野晃伸のプロフィール