【通所施設での事故防止策⑥】利用者同士の加害事故|事故防止編(第39回)

【通所施設での事故防止策⑥】利用者同士の加害事故|事故防止編(第39回)

スタッフではなく利用者が加害者の場合、責任はどうなるのでしょうか。利用者同士の暴力だから、施設には無関係……という考え方はNG。加害者に責任能力がないと判断されれば、施設側の代理監督義務者としての責任が発生します。

事故発生時の状況

Sさんは重い認知症がある男性利用者で、身体に障害はありません。性格が荒っぽいため、職員だけでなくデイサービスの利用者とも頻繁にいさかいを起こします。

重度の認知症で性格が荒っぽいデイサービス利用者が、他の男性利用者にイライラしているイラスト

あるとき、ほかの男性利用者に「オレを見て笑っただろう!」と因縁をつけて突き飛ばし、転倒させてしまいました。被害者は腰を強く打ち、骨折しました。

デイサービス利用者が他の利用者を突き飛ばしているイラスト

【事故評価】事故は未然に防ぐことができたか

この事故の場合、過失の有無についてはどう判断されるでしょうか。

事故評価の基本的な考え方

通常、精神上の障害があるために判断能力がない人が行った加害行為は、責任無能力者として本人はその賠償の責任をおわないことになっています【民法第713条】。

ですから、認知症の利用者が他者に対して行った加害行為の損害は、施設が代理監督義務者として賠償責任をおうことになります【民法第714条】。

この事故が過失とされる場合

認知症の利用者による加害事故の場合、施設の責任となる。

認知症の利用者による加害事故の場合、施設の責任となります

民法第714条には「認知症の利用者が加害行為をしないよう、安全配慮義務を怠らなかった場合は責任を免れる」といった趣旨の記述がありますが、デイサービスでとれる対策は限られています。過失を否定するのは実際には難しいでしょう。

こんな事故評価はダメ!

  • Sさんが暴力を振るったのだから、Sさんの責任

【原因分析】なぜこの事故が起こったのか

デイサービスにおける、認知症の利用者による加害行為を防ぐには、認知症の利用者の攻撃行動を改善する以外に方法はありません

認知症の利用者の攻撃性の原因としては、以下のような事柄が考えられます。

  • 服薬の悪影響(抗精神病薬や副作用の強い薬剤によるもの)

  • 持病などで体調が悪く、痛みなどの苦痛があるのに周囲が気づかない
  • デイサービスでの環境が落ち着かない

  • 過去に身体拘束されたことがある利用者は他人が近づくと拒否反応が出てしまう

  • 人の役に立っていない、邪魔にされているなどの劣等感や焦燥感
  • 自分はもっと大切に扱われるべきだという不満

  • 認知症であることで周囲から受ける疎外感

攻撃性の原因となる事柄は、人によってそれぞれ異なります。さまざまな視点で、利用者の行動や性質をよく見ていくことが必要です。

こんな原因分析はダメ!

  • 被害者がSさんを見て笑ったらしい。被害者にも原因があったのではないか

加害者の責任能力で変わる施設の責任

加害者となった利用者の責任能力のある・なしで、施設がおう責任は変わってきます。

責任能力がある場合、ない場合それぞれについて説明します。

1.加害者に責任能力がある場合

介護施設での利用者の加害事故で、加害者に責任能力がある場合。認知症などの診断がない場合。

加害者となった利用者に責任能力があるとみなされる場合は、一般の傷害事件と何も変わりません。民法第709条により、加害行為を行った本人が賠償する義務をおいます。

2.加害者に責任能力がない場合

介護施設での利用者の加害事故で、加害者に責任能力がない場合。認知症である・精神疾患がある・高次脳機能障害がある。

認知症や精神疾患などで責任能力を問えない利用者がデイサービス利用中に加害事故を起こした場合は、施設側も家族とともに監督義務者としての責任を問われることになります。

監督義務者とは何か

加害者に責任能力がない場合は、本人が賠償責任をおうことができません。ですから、法的立場で見て本人の監督義務をおう人が代わりに損害を賠償することになります。

一般的に監督義務者に当たるのは利用者の息子や娘など、介護の責任をおっている家族です。しかし、デイサービス利用中の出来事は、家族では止めようがありません。

そこで家族から利用者の安全を任されている施設側が、代理監督義務者としての責任を問われる可能性があるわけです。

一般的に監督義務者は家族。デイサービス利用中は施設側が代理監督義務者となる。

この場合は、「加害者の家族と施設が連携して賠償責任をおう」というケースが多くなると考えられます。

これは決して「半分ずつ賠償金を払いましょう」という意味ではありません。連携して賠償責任をおうということは、被害者はどちらに対しても全額の損害賠償請求ができるということです。

つまり、利用者同士の加害事故が起こったとき、加害者に責任能力のない場合は、施設も代理監督義務者として全額の損害賠償を求められる可能性が高くなります。

暴力が出る利用者に対する防止策は?

利用者の加害事故を防止するには「暴力行為が起こりそうなとき、利用者を制止してほかの利用者を守る」「攻撃性が高まる原因を究明し、改善する」と、大きく分けて2種類が考えられます。具体的には、以下の4点を徹底するところから始めるといいでしょう。

【1】不穏な状態のときは見守りを強化し、場合によっては周囲の利用者を遠ざける

暴力が出る利用者に対する防止策1)不穏な状態のときは見守りを強化・周囲の利用者を遠ざける

【2】杖など危険なものは来所時に預かるなどして、遠ざける

暴力が出る利用者に対する防止策2)杖など危険なものは預かる

【3】特定の利用者に敵意を持つなら、なるべく接触しないよう配慮する

暴力が出る利用者に対する防止策3)特定の利用者に敵意を持つようであれば接触しないよう配慮する

【4】受け入れやすい特定の職員がいれば、なるべくその職員が対応する

暴力が出る利用者に対する防止策4)受け入れやすい特定の職員がいればなるべくその職員が対応する

防止対策や補償は加害者家族と連携して行う

認知症の「問題行動」などが原因で攻撃的になっている利用者がいたら、まずは家族に現状を正確に伝えましょう。万が一のときに、「うちの父がそんなことをするはずがない」と否定され、更なるトラブルに発展するのを防ぐためです。

それから家族と施設は情報を共有しながら、なぜ攻撃性が高まってしまっているのか、その原因を探ります。服用している薬の見直しなどによって攻撃性を根本的に解決できたら、それがいちばんです。

それと同時に、ほかの利用者が被害に遭わないよう気を配ることも忘れてはいけません。危険を感じたら、さりげなくほかの利用者を遠ざけるなど、時と場合に応じた対処が必要です。

利用者同士の加害事故が発生してしまった場合は加害者家族としっかり相談し、保険会社とも密に連携をとります。そのうえで、誠意を持って被害者への補償に当たることが大切です。

著者/山田滋
監修/三好春樹、下山名月
編集協力/東田勉
イラスト/松本剛

※本連載は『完全図解 介護リスクマネジメント 事故防止編』(講談社)の内容より一部を抜粋して掲載しています

書籍紹介

完全図解 介護リスクマネジメント 事故防止編

介護リスクマネジメント 事故防止編

出版社: 講談社

山田滋(著)、三好春樹(監修)、下山名月(監修)、東田勉(編集協力)
「事故ゼロ」を目標設定にするのではなく、「プロとして防ぐべき事故」をなくす対策を! 介護リスクマネジメントのプロである筆者が、実際の事例をもとに、正しい事故防止活動を紹介する介護職必読の一冊です。

→Amazonで購入

  • 山田滋
    株式会社安全な介護 代表

    早稲田大学法学部卒業と同時に現あいおいニッセイ同和損害保険入社。支店勤務の後2000年4月より介護事業者のリスクマネジメント企画立案に携わる。2006年7月よりインターリスク総研主席コンサルタント、2013年5月末あいおいニッセイ同和損保を退社。2014年4月より現職。

    ホームページ |株式会社安全な介護 公式サイト

    山田滋のプロフィール

  • 三好春樹
    生活とリハビリ研究所 代表

    1974年から特別養護老人ホームに生活指導員として勤務後、九州リハビリテーション大学校卒業。ふたたび特別養護老人ホームで理学療法士としてリハビリの現場に復帰。年間150回を超える講演、実技指導で絶大な支持を得ている。

    Facebook | 三好春樹
    ホームページ | 生活とリハビリ研究所

    三好春樹のプロフィール

  • 下山名月
    生活とリハビリ研究所 研究員/安全介護☆実技講座 講師

    老人病院、民間デイサービス「生活リハビリクラブ」を経て、現在は「安全な介護☆実技講座」のメイン講師を務める他、講演、介護講座、施設の介護アドバイザーなどで全国を忙しく飛び回る。普通に食事、普通に排泄、普通に入浴と、“当たり前”の生活を支える「自立支援の介護」を提唱し、人間学に基づく精度の高い理論と方法は「介護シーン」を大きく変えている。

    ホームページ|安全な介護☆事務局通信

    下山名月のプロフィール

  • 東田勉

    1952年鹿児島市生まれ。國學院大學文学部国語学科卒業。コピーライターとして制作会社数社に勤務した後、フリーライターとなる。2005年から2007年まで介護雑誌『ほっとくる』(主婦の友社、現在は休刊)の編集を担当した。医療、福祉、介護分野の取材や執筆多数。

    ホームページ |フリーライターの憂鬱

    東田勉のプロフィール

フォローして最新情報を受け取ろう

We介護

介護に関わるみなさんに役立つ楽しめる様々な情報を発信しています。
よろしければフォローをお願いします。

介護リスクマネジメントの記事一覧